不動産

不動産物件を見ていると

以前に働いていた場所の目の前の物件が売られていました

その内容には
静かな場所と説明が書かれてたのですが、

たしかに
そこは田舎町で静かな所であるのですが、
実際は目の前は倉庫なので
すこしうるさいぐらいかと思います

想像したのですが、とても静かとは言えないと思います。

売る側としては
できるだけ条件をよく書かなくてはならないと思います。

見学も、仕事が稼働していない休日の日曜日に、
売ってしまえばこっちのもんだといった感じです。

買い手としては
様子を見ることが必要だと思います

良い物件だと思って
実際に住んでみたら
悪かったといったことが言えると思います。

良い物件だけに慎重に判断が必要です

【ここで雑学】プラスワン物件
プラスワン物件とは
その人に合った物件で
例えば
ペットやバイクなどの趣味があり
それに応じた物件のことをさすようです

近隣トラブル

隣人トラブルは世間でも多いと聞きます

実際は仲がよく見えても
どうしても張り合ってしまうのでしょうね 
お宅はどこの大学

あそこには負けられない!

逆に同じぐらいの年代の子がいないほうよいのかもしれませんね

【居住者間のトラブル状況】
1.生活音のトラブル
2.ペットの飼育によるトラブル
3.違法駐車のトラブル

環境の変化

突然、ものしずかな家の前に
大通りができるとなったらどんな気分でしょう?

最近、のどかなところで、
突然の大通りができることになりました。
その曲がり角には住宅があり、
突然の変化に戸惑うことだと思います。

その道は抜け道となりそうなのでかなり
交通量も多くなりそうです。

運もあるとは思いますが、
たとえば家の近くに24時間営業のお店ができるとなると
反対するひとも中にはいるとおもいます。

自分に置き換えて見ても、
やはり突然、家の前に24時間営業のお店ができるとなると
戸惑いを隠せません。

「もしかしたら騒音に悩まされるかもしれない!」

以前にゴルフ練習場のアルバイトをしたことがあります。
そのゴルフ練習場の横には、ぽつりと一軒の家が建っていました。

その家の家主は、日ごろから常に経営者に対して文句と苦情を言ってくるようです。

たとえば
「ボールが飛んできそうなのでネットをたかくしろ!」や
「音がうるさい」
などと言ってくるそうです。

ねんがら年中に苦情を言うらしいのですが、
確かに、気持ちはわからなくもないです。

練習場では、ひっきりなしにクラブとボールが当たる
音などがしています。

下手をしたらネットの破けた場所からボールが飛んでくる可能性も
ありえます。

自分だったら
とにかく営業時間中は、家にいたくはないと思うかもしれません。

だけどゴルフ練習場と言うのは、
朝早くから夜遅くまで営業をしていますし、
そのお客さんが打ったボールも拾わなくてはなりません。
もちろん周りの管理も行わなくてはなりませんので、
かなりながい時間の管理体制にあります。

そんな、場所の目の前に家があると休まる暇がないのかもしれませんね

環境がかわれば

東京スカイツリーでは、水鳥の「カワウ」のふんが落下する
被害が起きているそうです。

その東京スカイツリーでは雪の影響など
予期せぬトラブルが続いています。

もともとなかった建物ですの、
予期せぬことも起こってしまうようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ