普通にできることが幸せ

風呂に入りながら、
「そろそろブログの記事を書かなくては」と思いつつ、

そのテーマを何にしようか?と考えていました。

その時、風呂につかりながら、
「こうして、普通に風呂にはいれることが何よりも幸せかもしれない」と
思いました。

車で生活をしているときは、
毎日のように、風呂はどうしようか?
めんどくさいけど、どうにかしなきゃ?

真冬にぬれたタオルで体を拭いたこともあり、
寒いに日に公園で髪の毛を洗ったりしたことがありました。

山の近くにいるときは、
ここが自分の土地であれば、
レンガを積んでお湯をためたり、
ドラム缶があれば、そこにお湯を入れて入れるのに
と思いながら過ごしていたことを思い出しました。

最近のブログでの記事では、なるべく「車上生活」と言った言葉を
避けるようにしています。

「車での生活」や「車中泊」と言った言葉に置き換えています。
私自身としては、ずっとこのテーマでウェブを作成してきたわけですので
「車上生活」と言った言葉はなじみがありますが、
初めて聞く人にとっては
若干ひいてしまうのではないかと思い始めました。

私にとって「車中泊」は長かったので、生活とまでいってしまいますが、
最近では、そのつらさを、
このパソコンに思いっきりぶつける毎日です。
ひどいときには一日16時間ぐらいは、
作業を必死にしているかも知れません。

あの屈辱をバネにして、
「ウェブで成功したい」と言った思いがあります。
その思いから若干に収入も増えてきています。

あの悔しさや屈辱を思い出しながら
タイピングの練習をすると、
ものすごく速くなります。
その結果、断然にタイピングの速度が上達をしていることがわかります。

人は人にもまれると強くなるように、
何か、つらいことを思い出しながら、
チャレンジすると、良い結果になるかもしれません。

つらいこと考えながら
マラソンなどを行うと効果があります。

さらに、音楽を聴いて、
親の事を思いながら走ると、
ぶっ倒れるまでやれるかもしれません。

つらさを乗り越えた時は、根性が増しているのかもしれませんね

昔の私でしたら、すぐにやめてしまうマラソンも、
はってでも行くといった気持ちが出てきました。
誰も助けてはくれませんので、
自分のペースで乗り切るしかありません。

ウェブの成功も同じく、
マイペースで必ず成功させて見せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ