走ろうと思うと雨

何かをする時は何かと邪魔が入るものだと思っています。
そう思うと少し気持ちが楽になります。

例えば、運動のために少し走ろうかと意欲を燃やしている時に
突然に雨が降りだしたりする事があります。

そんな事でイライラするよりは、
はじめから邪魔が入る物だと思って想定していれば
少しは気持ちが楽になってきます。
何もなければ、なおさら気分が良くなって
得した気分にもなってきます。

【雨の日だけれど健康のために散歩がしたい!】
でも長靴がないので
靴がびしょびしょになってしまいます

そこで今までは
あきらめていたのですが
どうしても
体力を落とさぬように
雨の日に散歩を決行する場合として私が行よくっていることは
靴下の上からビニールを履くようにしています
考え方としては
「靴はぬれてもしょうがない」とあきらめます
せめて靴下だけでも濡れなければ気持ち的に違います

ちなみに
靴下までびしょびしょになると
かなり憂鬱になります
その点
ビニールを履くことで
靴下はぬれませんので
終わった後にやりとげかんがぜんぜん違います

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ