目標を達成するために

座右の銘ではないですが
自分の目標を紙に書いて壁などに貼ることで
脳裏に焼きつけられ実現ができる事があります

名作漫画である
「タッチ」で有名な「めざせ!甲子園」と言った
色紙が壁に貼ってあったのが印象的にあります

私は以前に自分の決意を紙に書き壁に貼りつけた事がありました
その言葉の一部としては
「努力」
「洗車費用」
などと言った言葉が書かれています

「努力」はその名の通り常に努力をする事
「洗車費用」はこの書いた時の思いとして
いつかは手洗いではなく車を洗車機にいられるように仕事を頑張ろうと言った
思いから書いたものです

その他にもたくさんありますが
不思議と意外にもほとんどが実践できている事に驚いています

やはり教訓や社訓のように
ときおり見たり読み上げたりすることで
その時の書いた時の心境を思い出しますので
もし何かを達成してみたり目標があるのであれば
紙に書いて自分が良く見る位置においておくと
実践できる可能性があります

ちなみに私はその紙を時計の横に貼ってあります
実際に見ることは少ないのですが
自然と何気なくみているとおもいますので
それが良いのだと思います

その紙には
最初には「TAP」と言った言葉をパソコンで打ち込み印刷をしました
その想いとしては
「絶対にギブアップはしないんだぁ!」と言った強い思いがありました

その言葉を維持するために
パソコンで印刷をしました
それからそのわきに手書きで追加したのが
努力や洗車費用と言った言葉です

自分が書いたので
なんとなくいつまでもその気持ちを維持できるのかもしれません

ギブアップはしない
この効果でランニングなどでは目標を
もって走り抜く事ができるようになりました
はってでもいい!
必ずゴールするんだ!

もしこれからなにか目標を達成してみたいのであれば
ぜひやってみてはいかがでしょうか

例えば
紙にダイエットと書いて
実践すれば実現が出来るかも知れません

座右の銘

座右の銘(ざゆうのめい)常に自分の座る場所のそばに書き記しておいて、
戒めや励ましとする事を示します。

私の座右の銘は「努力です」

努力

どん底から這い上がるには努力しかないと思っています。
何事もやらないよりはましと思っています。
以前の私は、そうは思ってはいませんでした。

たとえば、以前に氷川きよしさんが
1キロのダンベルを持って鍛えていると言っていたような話をしていました。
その時は、「一キロ程度では効果がないのでは?」と思っていました。
ですが最近は、やる事に意味があるのではないかと思っています。

誰もがいつ芽が出るかわからない努力などをするよりも、
寝ていた方が良いかと思うのが普通だと思います。
ですが、努力している人は
上に行けない事がわかっていると思います。

例えば、ボクシングのチャンピオンでは
練習嫌いな人はよく聞きますが、そんな人でも必ず練習はします。
それとよく天才と言われている人を見て思うことは
「天才とは努力の天才なんだな」と思います。

【政界の二枚目】
細野豪志さんの座右の銘は「振気」だそうです
その意味としては
「恥を知り、その悔しさで自分を奮起させる」
いかにも細野さんらしいです

あなたのやる気を引き立たせるアイテムはありますか?

最近「プレハブ」を見ると
モチベーションが高まります。
いつか
お金を得て
土地を購入したら
小さな
プレハブを設置して
そこで住みたいといった考えがあります
そのためなのか
「プレハブ」を見ると頑張ろうといった気持ちが増してきます

心理的に目標を持つことでやる気を引き立たせる効果があります
もし何か実現したいことがあったら
ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

例えばですが
憧れているタレントさんのようにスリムになりたい!
そのためにはダイエットをしなくてはならない!
「目標体重は55キロ」
そこで
そのタレントさんの写真を部屋の一番見える場所へ貼っておきます

こうして目標を持つことで
気持ちを高めることができます

【やる気を引き立たせる方法】
ホームレスの人の体験のブログを見ると気持ちが高まります

絶対に
「なりたくはない!」
「なってはならない!」
そう強く思い
頑張ろうといった気持ちになります

私は車上生活で半ホームレス状態を経験しているだけに
このようなブログを見ると気持ちを引き立たせる事ができます

このような効果を利用すれば
自分をサボれなくする効果があります

芸人のかたがよく自分を追い込むために
高い家賃のマンションなどに住むと言った事をききます

これが吉と出るか凶と出るかはわかりませんが
かなりきわどいかけでもあると言えます

ハングリー

最近、食パンを何もつけずに食べる事が日課となっています
最近は何かとつらい事ばかりなので、
すこし、ハングリーさを出すために
かみしめながら食べるように心がけています。
この生活の悔しさや苦しさを
明日へと気持ちを持っていきたいと思います
忘れやすい性格なので、体で記憶させておく事にしておきます
つらい時に思い出す事がくると思います。
「あの時はこうしていた」
それに比べれば同じようなもの、
むしろあの時の方がつらかったかもしれない!など
なぐさめになるかもしれません
今まで見てきたなかで、つらい体験をしている人は、強く見えます。
涙を流した分、人は強くなれるのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ