人の目線

ホームページを見る時に人の目線は左の上から流れて行くと言われています。

イメージ画像

何か情報を探してきた場合は別ですが
そこの位置に閲覧者の方が飽きるような記事を載せればページを離脱されてしまいます

それならば思い切って目立たせたい記事やメニューは
左の上において勝負をしてみてはと思っています。

インパクト

私が心がけている事はなるべく上の方で力を注ぐ事です

言いかえれば、どうしても見てほしい時などは
一行目に前神経を集中させてコメントを考えるようにしています

一行目に願いを込めろ

イメージ画像2

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ