コマーシャルはインパクト次第?

最近、西友がコマーシャルに力を入れていると言っていました。
ここ数年で、コマーシャルでインパクトに残っていると言えば、西友のコマーシャルが一番印象に残っています。

どんな、コマーシャルだったかと言うと、
女子中学生が岸壁を歩きながら「この夏だいたい15なの」と歌っているコマーシャルでした。

そのコマーシャルは特にインパクトはなく
印象としては、すこし変わってるぐらいに思っていたぐらいで、なんとなく「西友」の企業名だけは頭に入っていました。

しばらくして、そのコマーシャルが中学生からセーラー服を着た中年に変わるのですが、
その最初に見たときは、西友「やりよったな」と思いました。近年、見てきたコマーシャルの中で一番の衝撃だったかもしれません。

今まで赤字傾向だった西友は、最近では売り上げが良いそうです。コマーシャルは、企業名や商品名を覚えてもらうのがねらいですので、CMはインパクト次第ではないでしょうか?

こんな効果があると思っています

男性をターゲットにするのであれば、かわいらしい、
世間に知られていない「女の子」や正体を隠したアイドルの「女の子」を使うとよいと思います。

それは、そのコマーシャルを見た時に
「この子はかわいい!」
「この子ってもしかして?あの子!」などこの子は一体誰なんだろう?となるかと思います。
その時には、何のコマーシャルだったか見逃してしまっても
コマーシャルは一回きりではないので、
次に流れた時に、商品名や企業名を記憶しようと思うはずです

そして会社名や商品名を記憶して、
インターネットで、「企業名、半角スペース、女の子」などと検索するかと思います。
そうなると企業の戦略としては成功ではないでしょうか?
その他インパクトを受けたCMでは、
zoffのコマーシャルを最初に見たときにもインパクトを受けました。

たくさんの水着を着た女性が歩いていて、
これは「一体何のコマーシャルなんだ」と興味がわきました。
あと後気付いたのですが、あの音楽もよかったのだと思います。

頭から離れない曲

最近、
どうも頭の中から離れない曲があります。

「タンス」「ゲン」「タンスのゴン?」
いったい何のコマーシャルだろう?

「タンスのゲン」
このhktが出ているコマーシャルが
最近やけに頭から離れません。

曲が良くて、でも
あまり聞きなれない歌詞が、
「タンス」やら「ゲン」と歌詞としては、
聞きなれない言葉です。

これはタンスを宣伝しているのでしょうか?

気になり始めてユーチューブを何度か見ていると、
なぜか癒されてしまいました。

あまりこういったPVを見る方ではないですが、
ひきつけられる人の気持ちが少しわかりました。

どうやら、本当にあった会社なのですね

タンスのゲンの通販

もやしのコマーシャル

以前にもやしのコマーシャルで
はなわさんが絶対買うなよ~と歌っていたのですが
その時の売り上げはどうだったのでしょう?
すごく気になります。

すごい戦略だなぁと思いました
コマーシャルはインパクト勝負のようです

最近の私がインパクトがあるコマーシャルは
上野樹里さんがペットショップにドーベルマンを買いにいき
店員の方にライオンいますか?と聞くシーンで
それを聞いた他のお客さんがあっけにとられバック
を落とすシーンで笑ってしまいます。

結局、何のコマーシャルでどこの会社はあまり覚えていませんが
セキュリティー会社?
それと、私自身の行動としてまとめたいと思います

コマーシャルで気になった人を見ると、次に見る時に
その企業名や商品名を覚えて、ネットなどで調べることがあります。
例えば、うっすら映っている人が
「この人、もしかして、あの人かな」と言った感じになり
気になって調べてみると「やはりそうか」と言った事が多々あります。

コマーシャルを作る側もそういった狙いもあるのではないでしょうか
一時ブレイクした人や久しぶりに見る有名人などを使っていると
そう思ってしまいます

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ