部屋を広く見せるカーテンの色は?

部屋を広く見せるにはカーテンの色はどういったタイプが良いですか?

1.縦のストライプ(縦じま模様)

2.何もない無地

3.横のストライプ(横じま模様)

答えは

答えは

部屋を広く見せるコツは縦にストライプ模様が良いそうです。
その方が引き延ばしたように天井が高く見える効果があるそうです
横のストライプでは横には広く見えるようですが、
横の圧迫感よりも、高さの圧迫感を広げる方が
部屋は広く見えるようです
その点、暖色の無地は特に圧迫感を与えるようで、
部屋をせまく見せてしまうそうです

【車の中の空間】
車の中の空間で
自分の目の前にハンガーにかけられた洋服をぶら下げていたところ
圧迫感を感じるようになりました
しばらくほおっておいたのですが
だんだんとストレスを感じるようになりましたのではずしました
部屋を広く見せる一番の手っ取り早い方法としては
カーテンを付けないことではないでしょうか?
【心理状態】
部屋にいるときと車の中の空間は似ていると言われます。
よく車の運転は本性があられると聞きますが
それは自分の部屋にいる状態に近いのかもしれません

部屋を広く見せる天井の色

部屋を広く見せるには天井の色はどういった色が良いですか?

1.壁と同じ色
2.壁よりも薄い色
3.壁よりも濃い色

答えは

答えは

部屋を広く見せるコツは
天井の色を壁よりも薄い色にするのが良いそうです。

床は濃く
壁は中和された色が良いそうです

【豆知識】
出窓
出窓は、もともとサンフランシスコで海を眺めるために作られたのが原点のようです。
それと出窓には部屋を広く見せる効果があるそうです

いつも壁にかけてあるカレンダーがありません

その時に築いたのですが、
部屋が広く見えます。

そこで部屋を広く見せるコツとしては

色や模様の効果があります。

縦縞模様
横縞模様
じゅうたんの色
壁の色
カーテンの色

色の使い方次第では
部屋を広く見せる効果が期待できるそうです。

やはり、
タンスなど色々なものを置いていると
圧迫感を感じてしまうと思います。

部屋を広く見せるには
何もないのがよいのかもしれませんね

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ