行きと帰りの時間

遠足や観光などでバスや電車などに乗っていると
行きよりも帰りの方が短く感じることはないですか?
その理由として、
帰りは疲れて寝てしまったりする事も理由にありますが、

行きの場合には、はじめて見る風景などを見てより長く感じるようです。

心理

いつも通りにちなんで
体感時間に関する心理です

いつもの状況や風景が変わるだけで
時間の変化も違ってきます

例えばですが
いつも通りバスに乗って学校に通うとします

同じ風景を見ていると時間も長く感じることもあるのですが、

もしそこにいつもとは違う風景、
例えば「好きな子が途中でそのバスに乗ってきた」とします。
その場合、おそらくは心がうきうきしているせいか
目的地に早くついてしまうような気になります。

自分の集中力

もし勉強をしたとしてあなたならどのくらいの集中力を維持して
机に向かう事が出来ますか?

私の場合ですが
ゲームは何時間でもやる事が出来ますが、
勉強となると10分ぐらいで飽きてしまいます。
良くて30分の集中力が持てばよい方だと思います。
好きな事には集中力はすごいあるのですが、嫌いな事となると
すぐに飽きてしまう傾向があります。

最近では、集中力が10分程度しか持たない事が解っているので、
はじめから10分を目安にするようにしています。
例えば家の中で自転車をこごうとするとすぐに飽きてしまいます。
外で、風を切りながら自転車に乗ったら10分なんてわけないのですが、
家の中だと風景も変わらないしとても長く感じてしまいます。

時間と言えば
以前に居酒屋でアルバイトをした事があるのですが
とても狭い空間の中だったので四時間のバイトが時計ばかりを気にしていたせいか、六時間や七時間のように長く感じてしまうことがありました。そんな事もあってか
狭い空間の仕事よりも、外仕事の開放的な仕事を好むようになりました。

人は追い詰められた時や、やる気が満ちたときこそ、それがムチとなり集中力が増すと思っています。
例えばアルバイトなどでも、何もない時に比べ、仕事をして「親に何かプレゼントをしよう」と思っているときの方が、集中力は増していると思います。

ホームページ作りをしていて
これからの作業を高めるために
カテゴリーをノートで管理をすることにしました。

最初のうちは、意気込みもあってか
字は丁寧に書いていたのですが、
だんだんと集中力が途切れるにつれて

後ろの方では「めちゃくちゃ」な字になってきています。
これは昔からわかっていたことですが

ノートの最初の方と後ろのほうでは
あきらかに字の質が違います。

性格なのでしょうか?
あまり休み休みやるのが好きではないので

「一気に仕上げてしまおう」と考えてしまいます。
その結果で字が雑になってしまいます。

やはりキリがよいところで休憩をとるのが最適なのでしょうね

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ