心理【嘘を見破る】

j6142

人は嘘をつくときは完結にこたえようとして
早くその話題から逃れようと話をそらしたり遠ざけようとします。

嘘をつきとおそとするほど、相手の目をみつめる?

確かに嘘をつく立場からすると相手に信じ込ませようとして

誠意を見せたり余裕を見せたりすると思います。

両ポケットに手をつっこんで余裕を見せたり

首の後ろを触ったり、落ちつきがなくなるのは嘘をついている行動かもしれません

自己暗示にかけている?

どうせつく嘘なら死ぬまでつきとうせ!!

自分に自己暗示をかけていれば、見破るのは難しい

自分に言い聞かせる
「自分はやっていない」「知らない」「わからない」
こんな事を自分に何度も問い変えていると本当にやっていないぐらいの気持ちになってきます。

どんなに正直ものでも必ず嘘をつく?

嘘にも種類がある?

人をかばう嘘もあれば助ける嘘もあります

後ろで腕を組むのは警戒心を持ってほしくない?

よく散歩などで後ろに腕を組むしぐさがありますが、

人の行動として警戒心を持ってほしくない時などに現れるのではないでしょうか。

何も持っていないし、何も行動を起こさない事をアピールできるかと思います。

例えば、怪しい場所に怪しい人がいてこちらに気づき腕を後ろに組むような姿をすると余計怪しく見えます

声の音圧が高く
発言の最後に歯を噛みしめるのは
確信した発言を述べている証拠

メンタリストとして知られるDaigoさんいわく
嘘をつくときは体を左右に振る事があると言います

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ