穏やかな曲は心を穏やかにする

穏やかな曲は心を穏やかにしてくれます

逆に激しい曲は気持ちを高ぶらせてしまう効果があります

気持を落ち着けたい!とおもった時は
自分が感動したドラマの曲などを聞く事があります。

たとえば
一つ屋根の下で使われていた曲やサントラを聞いたりすると
気持が穏やかになります
これは自分にとって、とても効果があり、
このドラマを見た事のない人にとっては全く意味がないかもしれません

そして気持ちを引き締めたいときや、
気持ちを高ぶらせて攻撃的になりたいと思ったときには
ロッキーのようなテーマを聞くようにしています

音楽と心理の効果は関係していて
集中力、気持ちを紛らわせたいときには音楽は絶好のアイテムです

とくにドラマで挿入された曲は眠っている気持ちを引っ張り出してくれます

私がメンタルトレーニングで気持ちを変えたいときに聞く曲として
安室奈美恵さんの「dont wana cry」があります

この曲を聞くとなぜか気を紛らわせてくれます
この曲を聞いていたころは宅配便の仕事をしていたのですが
その時に何か感情を動かす出来事があったのかもしれません。

例えばですが、緊張しそうな時や、これから緊張をしそうな人と面会をしなければ
ならない場合にこの曲を寸前まで聞くと
気を紛らわせてくれて
直前までその曲をくちずさみ
緊張すら忘れさせてくれます

緊張は深く考えてしまう事で起こる現象だと思っています

たとえば何も考えていなかったり気をまぎらわす事をしていればそちらの方に気が紛れて
落ち着いた感情を持つ事が出来ると思います

ひだまりの詩

私の好きな曲のひとつとして
ルクプルのひだまりの詩があります。

この曲を聞いてる時は、不思議と心を広く持つことができます

ひとつ屋根の下の影響なのでしょうか?
なるべく、ドライブ中に聴くようにしています。

そうすると無理な追い越しや渋滞に巻き込まれても、イライラせずにすみます。
逆にあまり過激な歌は、避けた方が良さそうです

アルコールと一緒で気が大きくなってしまいます

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ