人の信用度

昨日までこっちの人がよかったけど

今日はこっちの人が良い

人の信頼度は常に変わってくるのだと思います

昨日まで使用できない人が
今日になって近づいてきたらすこし気持ち悪いです。

例えば
いくら信用がある人でも
ちょっとのことで縁というのは切れてしまいます。

金の切れ目が縁の切れ目と言ったように
何もメリットもない人と付き合っても
しょうがないと言ったような感じです

信頼している人から裏切られたらショックが大きいです

昔働いていた職場で
信用できる人と思っていた人に裏切られたことがあります。

その人とはちょっと年上で
話も馬が合い、
よく話をする機会が多かったのですが

ちょっと変だなぁと思った事がありました。

それは、実家に帰省する際に
お土産を買ってきてくれると言っていました。
そして、そのお土産を買うから
そのお金を出してと言われました。

のちに職場を辞める際に
この人はどうやらお金目当てだったような気がします

毎回ジュースをおごり
だいぶその人にお金を費やしました。

それ以来、
人をまっこうから信用するのも怖いものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ