人の信用度

昨日までこっちの人がよかったけど

今日はこっちの人が良い

人の信頼度は常に変わってくるのだと思います

昨日まで使用できない人が
今日になって近づいてきたらすこし気持ち悪いです。

例えば
いくら信用がある人でも
ちょっとのことで縁というのは切れてしまいます。

金の切れ目が縁の切れ目と言ったように
何もメリットもない人と付き合っても
しょうがないと言ったような感じです

信頼している人から裏切られたらショックが大きいです

本当の友人は、雨の日でも駆けつけてくれる人が本当の友人かもしれません。

火のないところから煙はたたない

やはり火のないところには煙はたたないといった言葉どおり、
ある程度は、信用性があるのかもしれません。

たとえば上戸彩さんとエグザイルのヒロさんが付き合っている
と言ったことがうわさになっていた時に、
それは、ないだろう?年の差が違いすぎるだろう?
と思っていたら、本当に結婚してしまいましたので驚きでした。

最近のゴシップネタは、最近の天気予報のようによく当たります。
昔と違い、
ソーシャルネットワーク時代、
携帯やあちこちにあるカメラの発展とともに、
聞き込みなどもしやすいのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ